手しびれの原因・症状 脳ドック

手足のしびれ、ろれつが回らない!これらが、初期症状です。脳ドック検査をして予防しましょう!
脳ドック
脳ドックなら金内メディカルクリニック

手の指の痛みやしびれを訴える女性が増加

近年、手の指の痛みやしびれを訴える女性が増えており、「手根管症候群」に関心が集まっています。手根管とは、手のひらの付け根にある、長さ3cmくらいのトンネル状の部分です。手根管の中の圧力が高まることで、手根管の中を通っている神経が圧迫されて、手指にしびれや痛みを感じるようになります。放っておくと、ものをつかみにくくなり、ボタンがかけにくくなったりします。手根管症候群は中年期の女性に多い病気です。


手根管症候群は原因は、はっきりしないことが多いのですが、手首の骨折や脱臼による手根管の変形や、キーボード操作など頻繁に手を使う仕事でも起こります。また、人工透析を長年受けている人は透析でアミロイドという物質が手根管にたまることが原因で発症する場合があります。さらに、中年女性の妊娠、出産前後にも多く見られます。


手根管症候を診断する方法は、知覚検査や電気生理学的検査などで診断を確定しますが、簡単な自己診断法があります。 一つ目は、手根管のあたりを叩くと、しびれがある指に痛みが走ります。二つ目は手首を上か下に曲げた状態にしていると、60秒以内に手指が強くしびれます。また、ファーレン・テストというものがあり、手首と指を脱力し、手首を垂れ下がった状態にし、60秒以内にしびれが強くなれば手根管症候群が疑われます。まずは医師に診てもらい正しい治療を受けましょう。


手根管症候群は、原因がはっきりせず、症状が軽度の場合は保存的治療をします。手首に固定装具を装着したり、症状により、消炎鎮痛薬を服用したり、手根管にステロイドを注射したりします。それでも、改善しないで、シビレや痛みに耐えられない場合や親指のつけ根の筋肉が萎縮し、筋力が落ちた場合には手術を行います。手根管症候群の手術の方法は、一般的には手首の手のひらの方を切開して神経の圧迫を除きます。病院によっては、内視鏡を用いた手術を行うもところあります。

手しびれは原因が見あたらないことが多い

最近、「手の指がしびれたり痛い」と訴える女性が増えており、「手根管症候群」が関心を集めています。手根管とは、手のひらの付け根にある、じん帯と骨で囲まれた長さ3cmくらいのトンネル状の部分です。手根管の中が何らかの原因で圧力が高まると、手根管を通っている神経が圧迫されて、親指・人差し指・中指・薬指でシビレや痛みを感じるようになります。特に夜間に痛みを強く感じることが多いようです。手根管症候群は中年の女性に多く見られます。


手根管症候群は原因が見あたらないことが多いのですが、手首の脱臼や骨折、1日中キーボードを打ったり、頻繁に手作業を行う場合などでも起こります。人工透析を長年受けている患者は透析でアミロイドという物質が手根管にたまるため、発症する例が多く見られます。また、中年女性の妊娠や出産前後、閉経前後にも多く見られます。


手根管症候を診断する方法には、知覚検査や電気生理学的検査などがありますが、簡単な自己診断法を二つ紹介します。 最初は、手根管のところを手で叩くと、しびれがある指に痛みを感じます。二番目の方法は、手首を上あるいは下に曲げた状態にしておくと、1分以内に手指に強いしびれを感じます。また、ファーレン・テストという自己診断方法があり、手首と指を脱力し、手首を垂れ下がった状態にして、もし1分以内にしびれが強くなれば手根管症候群の可能性が疑われます。まずは医師の診断を受けまることをおすすめします。


手根管症候群の治療は、症状が軽い場合は、手首を装具で固定したり、症状によっては消炎鎮痛薬を服用したり、ステロイドを手根管に注射したりします。このような保存療法を行っても症状がよくならない場合は手術をします。手根管症候群の手術の方法は、手首の手のひらの部分を切開して神経の圧迫を取り除く方法と、病院によっては内視鏡を用いた手術を行う方法があります。

手しびれ(手根管症候群)の診断法について

手しびれ(手根管症候群)が関心を集めています。手の指の痛みやしびれを訴える女性が増えているのです。手根管とは、手のひらの付け根のところの、長さ3cmほどのトンネルの部分です。手根管の中の圧力が高くなると、手根管の中を通っている神経が圧迫されて、手指にしびれや痛みを感じるようになります。そのまま放っておくと、ものをつかみにくくなり、ネクタイが結べにくくなったりします。手根管症候群は中年の女性に多く見られる病気です。


手根管症候群は、原因が特定できない場合が多いのですが、手首の骨折や、キーボードの長時間操作、草取り、皿洗いなど、頻繁に手作業を行うことでも起こります。長期間人工透析を受けている人は、アミロイドという物質が手根管にたまり、手根管症候群が発症しやすくなります。また、中年女性の妊娠中や出産前後、さらに閉経前後にも起こりやすくなるといわれます。


手根管症候の診断法は、知覚検査や電気生理学的検査などを行って診断を確定します。簡単な自己診断法を二つ紹介しましょう。 (1)手根管のところを叩くとしびれのある指まで痛みが走ります。(2)手関節を掌屈したまま(あるいは背屈したまま)にしていると、一分以内に手指のしびれが強くなります。また、手根管症候群を見つけるのに、ファーレン・テストというものがあります。手首と指の力を抜いて手首が垂れ下がる状態を作り、1分以内にしびれが強くなる場合は手根管症候群の疑いがあります。いずれにしても、専門医の診断を受けることが大切です。


手根管症候群は、原因が明らかでなく、症状が軽い場合は保存的治療を行います。手首をサポーターなどで固定したり、症状に応じて、消炎鎮痛薬を飲んだり、ステロイドを手根管に注射したりします。それでも、改善しない場合や、親指のつけ根の筋肉に萎縮がみられ、筋力が落ちた場合には手術になります。手根管症候群の手術は、手首の手のひら側を切開して神経の圧迫を除く方法が一般的です。内視鏡を用いた手術を行う病院もあります。

手しびれは脳卒中の初期症状! 脳ドックのすすめ

手足のしびれ、ろれつが回らないという症状が脳卒中の初期症状です。ちなみに脳ドックとは脳を対象とした人間ドックのことです。もし手しびれ(手根管症候群)の症状がある方でしたら一度脳ドックを受けることをおすすめします。脳ドックの検診により、最新の医用機器であるMRIを利用して脳出血、くも膜下出血、脳梗塞といった脳血管障害の予防と早期発見することができます。


実際、脳卒中は突然やってきます。脳卒中の死亡率はだんだん低下してきているとはいえ、半身マヒや言語障害などの後遺症に悩まされる厄介な病気です。そういう意味でしっかり予防・早期発見が重要なのです。

とくに、手痺れ、高血圧・肥満・糖尿病・高脂血症・慢性の頭痛・一過性の頭痛・一過性脳虚血発作・手足の感覚障害・運動麻痺・顔面の痙攣・ご家族に脳卒中の人がいる方は「脳ドック」の検診をおすすめします。


脳ドックを受けるならこちら ⇒⇒⇒ 脳ドックなら金内メディカルクリニック